386 views

アニメーション基礎④よくEDで見るやつ

タグ:

 

こんにちは。久々の投稿で以前何やったっけ?と見直してました。kです。

 

前回は歩きを描いたので、じゃ走りだよね!という事で走りについて書いていこうと思います。

EDで繰り返し流れているのをよく見ます。あれです。

社会人になるとやる人とやらない人の差が出るあれです。

皆さん運動してますか?私は毎日手は動かしてます。

 

 

はい。ではさっそく走りについて書いていきます。

原画としては前に出ている足が伸びた状態のものを描きます。

run_00

非常口のマークみたいな絵ですね。(またこの絵かいって思われそうですが)

少し前傾姿勢にするのも忘れずに!

一応このポーズをキーポーズにするのが一番描きやすいかな。と思います。

出す手足の方向を間違えない様にしてくださいね。

同じ手足が前に出るとなんば走りになっちゃうので

 

原画を描いたら動画。中割りです。

走りは歩きと同じようにほぼ決まった形があります(歩きも送り足のパターンを覚えればあとは単純中割りでいける!)

2枚目、3枚目をどういった形にすれば走りに見えるか

今回は2種類の中割り方法を書いておきます。

 

基本2枚目を力を溜めるように軸足を曲げ、背中のラインも微妙に内側に曲がるように描き

3枚目を軸足を伸ばし背筋も伸ばし地面を強く蹴るイメージの絵を描くことになります。

頭の位置は2枚目は原画よりも下に3枚目は上に来るように上下動を気を付けて描いて下さい。

 

で。この3枚目なのですが、原画よりもはみ出して描くパターンと普通に中割りするパターンの2種類があります。

飛び出す方が私的には好きなのですが、なんだかんだと飛び出さない方をよく見る気がします。

 

 

run_01

 

足の運びは変わらず、腕の中割りが変わる感じですね。

中割りと一応書いてますが、実質ほとんど描き起こす必要が出てくるので全原画とあまり変わりません。

パーツの大きさに気を付けて中割りをしましょう。

軸足は均等割り。体は微妙に両端ヅメにしつつ描くと良いと思います。(上下動を間違えなければ均等でもある程度走って見えます)

 

 

run_02

 

一番左がfollowでの走りで、分解するとこんな感じになります。

 

上下動に対して一つ。

先ほど簡単にしか書きませんでしたが、重なった絵を見てもらうとズレ方が上下だけでないと気づくと思います。

2枚目は下に下げるだけでなく後ろに

3枚目は上に上げるだけでなく前に飛び出すように位置取りをするとより走っているように見えます。

これは力を溜める。蹴り上げるという動きの差から出るものだと考えてもらえばいいと思います。

 

下段の中割り(グレー色)が黒色の原画よりも内側になっているのに対して

上段の中割りが原画より上に腕がはみ出ているのが分かると思います。

これを動かすと↓こうなります。

 

run_tobirun_naka

飛び出した走り       中割り

 

飛び出している方がメリハリが出ているように見えませんか?

もちろんキャラの気分や走りの種類によって中割りで作成する方が良い場合もあるので、どんな走りを描きたいか考えながら中割りしてみて下さい!

この基本の動きに髪や服のなびきが入るわけです。忙しい!

丸棒人間なので3枚で走れてますが、実際左右の差があるので全部で6枚!

激しく動くのでシルエットがおかしくなければ走って見えます。

 

ちなみに今回は中2枚の走りですが、中3枚の走りも存在します。

アプリでの走りなら中1枚でも見れる!

1コマ当たりの秒数を調整すれば猛ダッシュの走りにもなります。

その場合土煙を付けてもいいかも?

正面の走りで2枚目を小さく3枚目をドアップで描いて物凄い勢いで走る動きとかもできます。

女の子走りや小走りいろんな走りがあるので、一度気にしながら見てみてください。

 

こんな感じで走りの説明は終了です!

動物の走りは全く違ってくるのでまたいつか。

 

 

run_03

シェアする

プロフィール

Lv 1

デザイナー

HP : 100 /100

SP : 100 /100

昔アニメを描いてたり描いてなかったりした。現デザイナーのKです。
ブログ初心者なのでLv100目指して頑張ります。

▼ おすすめ記事

  • クリエイティブ・オブ・ゴッド

    【第三回】21歳ぴちぴち新社会人が語る!未来の後輩ちゃんズ必見★社内探索~Ⅰ~

  • クリエイティブ・オブ・ゴッド

    逃げちゃダメだ!エヴァに乗って使徒と戦え!

  • 伝説のコンシェルジュ

    アグ兎のゲーム日記 第1回

  • 開発の謎

    北京の体験談(食生活観光編)